日本の製造業で生産されている製品の状況

日本の製造業で生産されている製品の状況

日本の製造業で生産されている製品の状況

日本で主流となっている製造業は家電や自動車などの部門で活躍していて、多岐に渡る部門で家庭で使用する時に便利な製品を作ってきました。高度成長期からテレビの進化は特に際立っていて、カラー化してから横型に広めに製造した事で視聴者がリアルに放送を見れるまで進化しました。ハイビジョンを重視して作られて、4Kと言われるこれまでのハイビジョンテレビを凌駕した製品に製造できるようになるまで製造の技術が進みました。
最近は更なる便利化を目指して、モバイル機器に関する製造に力を入れている傾向です。テレビやオーディオなどのAV機器は自宅でしか使えない事を鑑みて、モバイルとして使用できるワンセグの小型のテレビが流行しています。
自宅を除いて使えるように便利さを意識して、ポータブルとしてのテレビやプレイヤーが多くの人に人気で、スマートフォントと合わせて消費者のニーズに合わせる形でポータブルの製品の製造に力を入れています。
近年は電気自動車やハイブリッドカーなどの製造に力を入れていて、各メーカーが消費者の安全を考えた製品を作っています。使い勝手の良さを更に進化させて、燃費を上げるなどの技術の進化を鑑みながら、安全に運転できるように配慮できる事を重視する事で、更なる自動車の需要は高まっていく見込みです。


ホーム RSS購読 サイトマップ