製造業に就職をするときに必要な知識を紹介します

製造業に就職をするときに必要な知識を紹介します

製造業に就職をするときに必要な知識を紹介します

製造業に就職をするときに必要な知識があります。それは力学と化学です。学校で学ぶ物理と化学の復習をしておく必要があります。それは何故かと言うと、物を作る時には力が発生するからです。金属を削るときに発生する力は摩擦力や、圧力です。それについてのセンスを身につけておかないと製造業の仕事を行っていく時に知識が身につかないのです。
また、化学も重要です。製造業は物質に対する考察を要するのです。アルミニウムや鉄、ステンレスなどを知っている事はもちろんですが、さらにそれらの特徴を把握しておかないと加工が難しくなってしまうのです。アルミニウムは熱を持つと粘って来ます。そうなってくると削っても綺麗な面が作れなくなってしまうのです。それをいかにして解決していくかが製造業に求められるのです。
常に応用問題を解いているような難しさがあります。物理や化学を理解するためには数学も必要です。まさに理解の職場と言えます。学生時代に理系科目が苦手だった人は、一通り復習をしてみてから製造業に就職をするかどうかを決めると良いでしょう。学生時代に何の役に立つのか分からなかった勉強を次々と活用して仕事に活かしていくことが出来るのはとても楽しいことであります。


ホーム RSS購読 サイトマップ