金属加工は奥が深いです

金属加工は奥が深いです

金属加工は奥が深いです

実際に金属を加工するメーカーで仕事をしていたのですが、金属を削っていく仕事は奥が深いと重いました。金属の棒を高速回転させながら削っていく仕事です。危険は多い職場でした。なぜそのような仕事を選んだかというと、私は金属が好きだったからです。子供の時から金や銀が好きでありました。
金属を加工できる毎日は楽しかったのですが、覚えることは多かったですし、勤務時間も長かったので疲れてしまいました。体力勝負な仕事でもあったのです。体が回復しないうちに仕事をしようとしても上手く行かなかった経験があります。
金属についての詳しい知識を得るには普通に仕事をしているだけでは駄目だということがわかったので、最近では化学の教科書を読んでいます。学校で勉強をしていたことが役立つということがわかったのです。貴金属は錆ないということも理解しました。私が仕事をしていた職場では金属に防食剤を塗るという事を行っていました。鉄は比較的錆びやすいということですね。アルミニウムは表面に膜を作るのでサビが進行しないのですが、鉄は少しでも放置すると錆びてしまうということです。これが非常に厄介だったのです。金属事の特徴を把握しないと製造業は出来ないということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ