製造業を体験してみての感想です

製造業を体験してみての感想です

製造業を体験してみての感想です

製造業は就職をする前はもっと簡単だと思っていたのですが、実際に仕事をしてみるとその難しさにビックリしました。私が行ったのは精密加工です。通常はある程度の誤差が許されるような仕事でありました。しかし、精密加工は誤差が許される範囲がものすごく小さいので、加工をしている最中は緊張してしまいます。それをどうにかして乗り越えていくことが難しかったのです。
一度もミスで加工をしていた製品が駄目に成ってしまうことがありました。精密加工ですから、ちょっとでも誤差が大きくなりすぎてしまうと駄目なのです。失敗が出るのは仕方がない事です。どんなに頑張っても失敗をしてしまうことは必ずあります。ですから、自分が悪いのではなく確率の問題なのです。
しかし、それを上司に叱責されることは多かったのです。才能も必要な仕事でありました。ですからこれから製造業をする人は、まずは旋盤やフライスなどの比較的交差が緩めの仕事からスタートをしたほうが良いです。精密加工を最初にやるとその難しさから加工の仕事が嫌いになってしまう可能性があるからです。仕事はやればやるほど上達をするので、少しずつ難しいことを出来るようにしていけば最終的にはすごいことが出来る様になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ