日本の製造業は素晴らしい!

日本の製造業は素晴らしい!

日本で主流となっている製造業は家電や自動車などの部門で活躍していて、多岐に渡る部門で家庭で使用する時に便利な製品を作ってきました。高度成長期からテレビの進化は特に際立っていて、カラー化してから横型に広めに製造した事で視聴者がリアルに放送を見れるまで進化しました。ハイビジョンを重視して作られて、4Kと言われるこれまでのハイビジョンテレビを凌駕した製品に製造できるようになるまで製造の技術が進みました。
最近は更なる便利化を目指して、モバイル機器に関する製造に力を入れている傾向です。テレビやオーディオなどのAV機器は自宅でしか使えない事を鑑みて、モバイルとして使用できるワンセグの小型のテレビが流行しています。
自宅を除いて使えるように便利さを意識して、ポータブルとしてのテレビやプレイヤーが多くの人に人気で、スマートフォントと合わせて消費者のニーズに合わせる形でポータブルの製品の製造に力を入れています。
近年は電気自動車やハイブリッドカーなどの製造に力を入れていて、各メーカーが消費者の安全を考えた製品を作っています。使い勝手の良さを更に進化させて、燃費を上げるなどの技術の進化を鑑みながら、安全に運転できるように配慮できる事を重視する事で、更なる自動車の需要は高まっていく見込みです。

続きを読む≫ 2015/12/24 20:32:24

製造業の中でも食品の製造を担う会社は非常に大変です。
他の製造業よりも何が大変かというとそれは人体に直接影響を与えるということで重要、大変なのです。
食品メーカーは食べ物を扱うということに非常に責任を持って取り組んでいます。
ただ美味しいものを作ればいいというわけでもなく、その根底には安心安全という確固たるものがあってこそなのです。
1から作る会社もあれば末端工程を担う会社まで食品製造業でも幅広くありますが、どんな部分であろうと最終的にお客様の口に入るということになればその重要さはどこも同じくらいでどこも責任を持って仕事をしなければいけません。
食品は毎日だれかの口に入り、その人の血となり肉となりそして美味しさから笑顔をもたらす素晴らしいものです。
そういう笑顔を生み出せるものを作る食品製造は非常にやりがいもあります。
お客さんから喜びの声をダイレクトにいただけるので苦労した分自分へと帰ってくる喜び、幸せも大きいものです。
製造業は多くの人が作り上げるものなので一人ではなりたちません。
もちろん物自体を作る人、そのものを作る機械を整備する人、品質を管理する人、そのものを開発、販売する人など製造の中でも多くの部署と役割があり、それがあってこそ多くの人に行き渡るものです。

続きを読む≫ 2015/07/04 15:26:04

"私は以前、国内の某縫製工場で働いていました。
昔から物を作ることが好きで、特に縫製には興味がありましたので自分にはとてもあっている職場でした。
工場の人数は100名以上で、大きな工場の中で一斉にミシンの音が響くので人の声もなかなか届かない状態でしたが、不思議と苦になりませんでした。
ミシンの音が自分には心地よく感じたのです。

 

私の入った工場は、その年に出来たばかりで周りもみんな未経験者ばかりでした。
そのおかげか、年齢が違う人同士でもとても仲良く出来て雰囲気は良かったです。
これが初めての就職だったため、会社で働くってこんなに楽しい物なんだと嬉しく思ったものです。

 

製造業というとあまり良いイメージを持たない方もいるかもしれませんが働いてみれば和気藹々とした雰囲気が感じられる事が多いです。
大人数が同じフロアに居ますし、前後の工程者とはうまく連携していかなくてはいけません。
自ずと周りとの信頼関係が生まれ、人に迷惑をかけないような努力を自然に誰もがしていくことになります。
工場での物づくりは集団行動です。
誰か一人がおかしな作業をしていては、その後の工程者に大幅な迷惑をかけてしまうことになります。
どんなに周りと仲が良くても、逆に仲が良いからこそ自分のために余計な仕事は増やしたくないものです。

 

製造業の醍醐味といえば、商品が完成した時でしょうか。
最終工程になると、その感動はとても強く、そして責任も重大です。
丁寧に良い物を作ることに喜びを感じられる製造業は私はとても好きです。

続きを読む≫ 2015/06/19 17:22:19

製造業に就職をするときに必要な知識があります。それは力学と化学です。学校で学ぶ物理と化学の復習をしておく必要があります。それは何故かと言うと、物を作る時には力が発生するからです。金属を削るときに発生する力は摩擦力や、圧力です。それについてのセンスを身につけておかないと製造業の仕事を行っていく時に知識が身につかないのです。
また、化学も重要です。製造業は物質に対する考察を要するのです。アルミニウムや鉄、ステンレスなどを知っている事はもちろんですが、さらにそれらの特徴を把握しておかないと加工が難しくなってしまうのです。アルミニウムは熱を持つと粘って来ます。そうなってくると削っても綺麗な面が作れなくなってしまうのです。それをいかにして解決していくかが製造業に求められるのです。
常に応用問題を解いているような難しさがあります。物理や化学を理解するためには数学も必要です。まさに理解の職場と言えます。学生時代に理系科目が苦手だった人は、一通り復習をしてみてから製造業に就職をするかどうかを決めると良いでしょう。学生時代に何の役に立つのか分からなかった勉強を次々と活用して仕事に活かしていくことが出来るのはとても楽しいことであります。

続きを読む≫ 2015/06/04 15:25:04

製造業の仕事はものを製造するため機械を扱う仕事が中心で、転職をする時は経験を求められる場合が多く需要に応じて勤務時間などが違うため内容を確認して決める方法が望ましいです。製造の仕事は生産力を高めるために効率良く仕事をすることを心がけ、経験を積んでスキルアップをすることが求められます。
商品を生産する時は人件費を少なくできるように作業を効率化し、お客様の要望に応えられるように新商品の開発をする必要があります。製造関係の仕事は能力に応じて昇給するため、前向きに考えて自分なりにアイデアを出すなど企業に貢献できるように仕事に取り組むとやりがいを感じて働けます。
製造業は職務経験を活かして貢献できるように働くとやりがいを感じる仕事で、仕事のノウハウをつかめるように積極的に取り組む姿勢が求められます。工場で働く時は需要が高い時期を中心に募集が多く、期間限定で行うため限られた期間で多くの収入を得られます。
製造業の転職求人の仕事内容は期間を限定して採用する時は未経験でも気軽に働けるため、今後の生活のためにお金を稼ぐために選ぶと効果的です。工場で社員として働く時は職務経験が求められ、責任者としてスタッフを指示する能力が求められます。

続きを読む≫ 2015/05/20 19:47:20

製造業はすごく仕事が大変だということは一度経験をしてみると分かることです。怪我をするリスクも有ります。しかし、それでも製造業をやりたくなってしまうのです。その理由は金属を加工するのが面白いからです。
金属には数多くの種類がありますが、それぞれ削った感触が違うのです。アルミニウムは柔らかいですし、ステンレスは固いといった印象です。それが面白くて何時間も仕事をしてしまうのです。
アルミの棒から形を削りだしていく仕事はとても大変です。加工の手順をしっかり考えないと失敗してしまうのです。しかし、ノートに手順の計画を立てて実行していくことで上手く言った時は飛び跳ねたいほどの嬉しさを得ることが出来ます。
要するに仕事は楽しいということですね。ですが、忙しくなってくると1日に幾つもの火口をしなければならなくなります。体力がなくなってしまうこともありました。ご飯を食べないで仕事をしていたらお腹が空きすぎて大変なことになってしまったことがあります。仕事が終わったあとにコンビニでお金をおろそうとしましたが、時間外担っていたので下ろせなかった時は焦りました。仕事もいいですがしっかりと栄養を取らないと駄目だなと思いました。

続きを読む≫ 2015/05/18 14:55:18

実際に金属を加工するメーカーで仕事をしていたのですが、金属を削っていく仕事は奥が深いと重いました。金属の棒を高速回転させながら削っていく仕事です。危険は多い職場でした。なぜそのような仕事を選んだかというと、私は金属が好きだったからです。子供の時から金や銀が好きでありました。
金属を加工できる毎日は楽しかったのですが、覚えることは多かったですし、勤務時間も長かったので疲れてしまいました。体力勝負な仕事でもあったのです。体が回復しないうちに仕事をしようとしても上手く行かなかった経験があります。
金属についての詳しい知識を得るには普通に仕事をしているだけでは駄目だということがわかったので、最近では化学の教科書を読んでいます。学校で勉強をしていたことが役立つということがわかったのです。貴金属は錆ないということも理解しました。私が仕事をしていた職場では金属に防食剤を塗るという事を行っていました。鉄は比較的錆びやすいということですね。アルミニウムは表面に膜を作るのでサビが進行しないのですが、鉄は少しでも放置すると錆びてしまうということです。これが非常に厄介だったのです。金属事の特徴を把握しないと製造業は出来ないということです。

続きを読む≫ 2015/05/13 16:01:13

製造業は就職をする前はもっと簡単だと思っていたのですが、実際に仕事をしてみるとその難しさにビックリしました。私が行ったのは精密加工です。通常はある程度の誤差が許されるような仕事でありました。しかし、精密加工は誤差が許される範囲がものすごく小さいので、加工をしている最中は緊張してしまいます。それをどうにかして乗り越えていくことが難しかったのです。
一度もミスで加工をしていた製品が駄目に成ってしまうことがありました。精密加工ですから、ちょっとでも誤差が大きくなりすぎてしまうと駄目なのです。失敗が出るのは仕方がない事です。どんなに頑張っても失敗をしてしまうことは必ずあります。ですから、自分が悪いのではなく確率の問題なのです。
しかし、それを上司に叱責されることは多かったのです。才能も必要な仕事でありました。ですからこれから製造業をする人は、まずは旋盤やフライスなどの比較的交差が緩めの仕事からスタートをしたほうが良いです。精密加工を最初にやるとその難しさから加工の仕事が嫌いになってしまう可能性があるからです。仕事はやればやるほど上達をするので、少しずつ難しいことを出来るようにしていけば最終的にはすごいことが出来る様になります。

続きを読む≫ 2015/05/12 18:10:12

ホーム RSS購読 サイトマップ